家賃を保証してもらえる|これからのアパートそしてマンション経営のためのリロケーション

これからのアパートそしてマンション経営のためのリロケーション

背広の人

家賃を保証してもらえる

お金をもつ人

部屋を借りるためには、不動産業者などに連帯保証人を立てることが必要となってきます。しかし、近年核家族化や身寄りのない高齢者の一人暮らしなども影響し、部屋を借りようと思っても連帯保証人を立てることが難しい状況となっています。連帯保証人を立てることには様々な意味合いがありますが、借主による家賃滞納などといった場合に保証人として代理で支払いを行なう責任を負うのが連帯保証人です。貸主にとって、家賃収入により賃貸を運営しているので家賃滞納は致命的といえます。そこで、連帯保証人の代行となる家賃保証会社が誕生しました。家賃保証とは、借主が何らかの理由で家賃支払い義務を怠った時に、借主に代わり貸主へと家賃を代理で支払うものです。いわゆる連帯保証人の代わりといわれるサービスです。この家賃保証ができてから、賃貸を借りる側も連帯保証人を立てる必要もなくなり、また貸主も連帯保証人がいないことで契約を断っていた人を入居者として迎え入れることができるので、賃貸の空き部屋解消にも役立てることができるようになったのです。家賃保証会社を利用するには、家賃保証会社に保証料を支払う必要があります。家賃保証会社によって金額は変わります。家賃支払いを怠った場合、家賃保証会社が代理で支払いを行ないますが、その後借主に立替分の支払い案内がきます。そこで家賃支払いをさらに怠った場合は、その物件から立ち退く必要も出てきます。貸主にとっても、家賃保証会社により滞納分の家賃回収業務がしっかりと行え、万が一長期間回収ができなかった場合は法的手段での回収も、家賃保証会社が全て引き受けてくれます。