これからのアパートそしてマンション経営のためのリロケーション

マンション模型

安定した家賃収入を得る

積み木と紙幣

安定した収入を得るために、アパートやマンションの賃貸経営を行なうことが有効です。収益物件は、こういった家賃収入を得るために購入される物件です。新築物件か中古物件か、購入する時は付加価値を考え購入しましょう。

Read

家賃を保証してもらえる

お金をもつ人

賃貸を借りる側は連帯保証人を立てる必要がありますが、家賃保証会社の登場により連帯保証人の代役を依頼できるようになりました。貸主も、滞納された家賃を保証会社が回収してくれるので安心して運営することができます。

Read

一定期間家を貸し出す

空き部屋

賃貸物件として、家を貸し出したい場合は、通常不動産会社に仲介を依頼して借主を探します。最近では、リロケーションという新しい手法で家を貸し出すサービスが増えてきました。リロケーションとは、様々な事情で一時的に家を空けなければいけない時に、家を売りに出すのではなく一定期間貸し出すことをいいます。家を売りに出さず、所持していても住宅ローンや税金の支払い義務はなくなりません。そこで、リロケーションを行なうことで、家を空けている期間内他の人に賃貸物件として住んでもらい、賃貸期間が終了したら家を明け渡してもらうことが可能となります。リロケーションの意味は、家の利用用途を転換すること、すなわち配置転換の意味であるリロケーションというふうに呼ばれているのです。

リロケーションを利用する人は、一時的に家を空ける人だけではありません。自分で賃貸の経営や管理を行なっている場合は、リロケーションを行わなくても家を貸すことができるのです。それ以外でリロケーションを行う場合、自分の家から離れた場所へ移動することがほとんどになるので、借主との契約や家の管理などを自ら行なうことはできません。そのため、リロケーションサービスを行なっている会社へ委託することで家を貸し出すことが可能となります。リロケーションは、自分が家を空けている一定期間での貸出になります。この期間には定めはありません。借主と貸主が合意した契約期間内で行なうことができます。リロケーションを行なうことで、空き家にしておいても入らない家賃収入が得られるので、一定期間家を空ける場合はリロケーションを行なうことも検討するといいでしょう。

資金があれば一棟買い

集合住宅

それなりの資金が用意できる場合のマンション投資は一棟買いがいいでしょう。一棟買いの場合、マンションと一緒に土地を購入することになります。土地も自らの資産となるため、建物が劣化した時でも役立てることができます。

Read